プレスリリース / 現代美術家 中谷優大 3ヵ月連続リリース「レンチキュラー」を発表

要約

現代美術家の中谷優大が2024年7月9日に新たな作品「レンチキュラー」を発表しました。作品に視差の変化はないが、マウスをベースに、レンチキュラーレンズをタイトルと馴染みのある器に置き換え、組み合わせることにより、現実を客観的に感じられるようにした作品。モチーフは、源氏物語「限りとて別るる道」で、勝手な都合で解釈したコンセプチュアルアート、18点を発表となっている。2024年に個展開催予定。

現代美術家の中谷優大が6月にリリースした「21grams」に続き、3ヵ月連続リリースとなる新作「レンチキュラー」を2024年7月9日に発表しました。

作品「レンチキュラー」の特徴

作品に視差の変化はないが、マウスをベースに、レンチキュラーレンズをタイトルと馴染みのある器に置き換え、組み合わせることにより、現実を客観的に感じられるようにした作品。モチーフは、源氏物語「限りとて別るる道」で、勝手な都合で解釈したコンセプチュアルアート、18点を発表
https://yudainakaya.com/works/lenticular/

作品名のタイトル

望まない世界
最後にみたもの
ぜんぶよこせ
など

中谷優大(YUDAI NAKAYA)

東京在住の現代美術家。コンセプチュアルアートをベースに、ドローイングや立体、デジタル作品を制作。2024年5月、15年ぶりに活動再開

オフィシャル

Official site:https://yudainakaya.com
Instagram:https://instagram.com/yudainakaya/
X:https://x.com/yudainakaya

作品/展示に関するお問い合わせ

展示や作品、リースに関するお問い合わせは以下よりお問い合わせください。
https://yudainakaya.com/contact/