「レンチキュラー」発表

作品に視差の変化はないが、マウスをベースに、レンチキュラーレンズをタイトルと馴染みのある器に置き換え、組み合わせることにより、現実を客観的に感じられるようにした作品。モチーフは、源氏物語「限りとて別るる道」で、勝手な都合で解釈したコンセプチュアルアート、18点を発表

There is no change in parallax in the work, but by replacing and combining the lenticular lens with a familiar vessel and title based on a mouse, the work allows the viewer to feel reality objectively. The motif is “The Crossroads” from the Tale of Genji, which I interpreted for my own convenience. Conceptual art, 18 works presented.

https://yudainakaya.com/works/lenticular/