プレスリリース / 現代美術家 中谷優大 5月に続きアート作品「21grams」を発表

要約

現代美術家の中谷優大が2024年6月22日に新たな作品「21grams」を発表しました。今回もテーマに基づいてミクストメディアで制作しており、魂の重さ(Duncan MacDougallの実験「three-quarters of an ounce」参考)を時代別に馴染みのあるものでパックした作品となっている。2024年に個展開催予定。

現代美術家の中谷優大が5月にリリースした「天園」に続き、2024年6月22日に新たな作品「21grams」を発表しました。

作品「21grams」の特徴

今回もテーマに基づいてミクストメディアで制作しており、魂の重さ(Duncan MacDougallの実験「three-quarters of an ounce」参考)を時代別に馴染みのあるものでパックした作品となっている。
https://yudainakaya.com/works/21grams/

作品コメント

「Pepper 好きにはたまらない見た目と、魂の重さ(Duncan MacDougallの実験「three-quarters of an ounce」)を時代別に馴染みのあるものでパックした作品となっています。例えば1680年頃の魂をフライドポテトに例えたら6本(21.69g)とか、珈琲豆なら165粒(21.07g)とか。見る方の感性で作品を少し楽しめるようにも工夫しました。またキーワードに「修復(Docks)」、自分の他作品への接点として、中国の道教「魂魄 (Konpaku)」の概念も取り入れています。2024年は下半期での個展を目指し、まだ作品をリリースしていきますので、これからもアートを楽しんでもらえたらと思っています。」

作品名のタイトル

21grams – Synthetic resin
21grams – Flour
21grams – French fries
など18点を発表

作品名コメント

「今回の作品は日本語で天園(Tenen)、英語でHgardenとつけました。テーマはあるのですが、語りすぎると作品の感じ方が狭くなってしまうというか、カテゴライズされるのが苦手で。のちのち話す機会があったら話そうと思います。作品は言葉じゃ表現できないことを形にしているので、自由に感じて楽しんでもらえたらと思っています。」

中谷優大(YUDAI NAKAYA)

東京在住の現代美術家。コンセプチュアルアートをベースに、ドローイングや立体、デジタル作品を制作。2024年5月、15年ぶりに活動再開

オフィシャル

Official site:https://yudainakaya.com
Instagram:https://instagram.com/yudainakaya/
X:https://x.com/yudainakaya

作品/展示に関するお問い合わせ

展示や作品、リースに関するお問い合わせは以下よりお問い合わせください。
https://yudainakaya.com/contact/